忍者ブログ
自宅で旅行気分・・・日本全国バーチャルグルメツアー
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ランキングにご協力ください
ポチッとクリックしてください
アクセス解析
2017/08/19 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/07/07 (Mon)
長崎県佐世保市には、『佐世保バーガー』という郷土料理があります。

朝鮮戦争の好景気の時に、米海軍から佐世保の人がレシピを教わり、ハンバーガーショップを開業したのが始まりと言われています。

日本でハンバーガーショップがまだ広く認知される前から、佐世保ではハンバーガーショップが存在したんですね。

佐世保バーガーの特徴は、なんと言ってもその大きさです。
それから、マヨネーズソースですね。

近年になって、佐世保バーガー自体がブームになって、東京などに支店が出来ました。


佐世保では、飲んだ帰りにハンバーガーのお土産をぶら下げて帰宅するオジサンも多かった。

よくアニメなどで、酔っ払いが寿司折をぶら下げて帰宅しますが、あんなイメージで佐世保バーガーをお土産にしていたんですね。(ん~んハイカラだあ~)

一杯引っ掛けた後、ラーメンで締める人は多いです。
しかし佐世保では、飲んだ締めに佐世保バーガーを食べる佐世保のオジサン!!がいるそうです。

佐世保バーガーは、佐世保市も宣伝に力を入れているので、今後も佐世保の郷土料理として、佐世保市民に愛されるでしょうね。
PR
2008/07/04 (Fri)
三重県志摩地方に伝わる『手こね寿司』は、カツオやマグロを使って作られる、志摩の郷土料理です。

ふるさとおにぎり百選や農山漁村の郷土料理百選に選定されています。

管理人が、若いころ志摩町和具の民宿にお世話になったことがある。
その時初めて頂いたのだが、美味しかったなあ~

お祝いの時や来客の時に作ると聞いた。
志摩は海産物に恵まれていて、サザエやアワビ、伊勢海老などのお造りを頂き、飲みまくった。
翌日は二日酔い気味だったので、朝食は抜き!
民宿の人がお昼に『手こね寿司』を用意してくれて、初めて食べたんだが、本当に美味しかった。
二日酔いで朝食抜きだったから、お腹も減っていたんですが、とにかく美味しかった記憶がある。


手こね寿司
2008/07/04 (Fri)
北海道のちゃんちゃん焼は有名ですね。
私は鮭の料理の中では、一番好きかも知れません。

北海道の漁師さんのソウルフードと呼べる郷土料理ですね。

日本では、最近めっきり漁獲量が落ちて、鮭のほとんどは輸入に頼っています。
フードマイレージが非常に高い食材ですが、おかげで一年中食べられるようになりました。

鮭は、日本人にはとてもなじみの深いお魚ですから、料理の種類も沢山あります。

その中でも、ちゃんちゃん焼は秀逸!

管理人の好きな鮭の料理でもベスト3を外れる事はありません。

おすすめは

お手軽に楽しめるちゃんちゃん焼セット
2008/07/04 (Fri)
東北地方には、『ずんだ』と呼ばれる食べ物があります。
枝豆をすり潰してペースト状にした餡です。
これが、本当に美味しいんです。
宮城県では、『ずんだ』といい、山形・福島では『ヌタ』、山形では『じんだん』と言うらしい。

お盆のお供え物『ずんだ餅』として、定着してたようですが、ご当地ブームに乗って一気に全国区になりそうです。
各メーカーが、地方の味を商品化しているので、今後もずんだの人気は加速しそうなんですよね。

枝豆の餡ですから、ずんだ味のスイーツなどがインターネットで通販されていますね。

おすすめは!
仙台名物 ずんだ餅 20粒入り
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
次のページ >>
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]